平成21年 山口大学 FD 講演会 (1) 実施要項

1. 目標達成型大学教育改善プログラムと山口大学の教育改革

平成21年 山口大学 FD 講演会 1. 目標達成型大学教育改善プログラムと山口大学の教育改革、ポスター
主旨

昨年度(平成20(2008)年度)に大学教育センターが文部科学省に申請した「目標達成型大学教育改善プログラム」が「質の高い大学教育推進プログラム」、いわゆる教育GPに採択された。採択された背景には、中教審の答申「学士課程教育の構築に向けて」(2008年12月24日)の中でも述べられているように、ユニバーサル化とグローバル化が同時進行する日本の高等教育にとって、社会からの負託に応えられるような質の高い学士課程教育の充実をさまざまな分野から大学に対して求められていることが背景にあると考えられます。そこで、今回のFD講演会は、山口県を代表する企業経営者であり、また、本学のOBでもある山口日産の末富喜昭社長より、大学の外部から見た本学の現状や教育改革の方向性について率直なご意見やご感想をいただくと同時に、企業経営者の立場から見た社会人基礎力の育成とはどうあるべきなのかについても併せてお話しをしていただく予定です。末富社長は常日頃から「感性」の育成の重要性を強調されています。一人の人間として、感性をいかに自らが育てていくかがその人の人生にとって重要であるといわれています。我々大学人とは違った観点から人材育成に関して参考になるお話が聞けると思いますのでぜひ多数の先生方の参加をお願いしたいと考えています。

また、第2部では、「目標達成型は教育改善に有効か?−取組と評価−」をテーマとしてパネルディスカッションを開催します。パネルディスカッションでは、企業、高校、大学といったそれぞれの立場から本学が推進している目標達成型大学教育改革をどのように評価するかについて述べてもらうとともに、今後本学の進むべき教育改革の方向性についてパネリストの先生方からご意見を伺う予定です。企業代表としては末富喜昭山口日産社長、高校代表として兼石俊明元宇部高校校長(本学教育コディネータ)、大学代表として岩部浩三大学教育センター長にパネリストになってもらい意見交換を行ないます。

主催
大学教育機構
共催
大学コンソーシアムやまぐち
日程
平成21年08月10日(月) 13:30〜16:30
(講演会、ワークッショプ終了後、16:30から初年次教育に関する情報交換会を開催する。自由参加)
場所
対象
本学教育職員ほか及び県内他大学関係者

第1部 講演会

題目
大学と社会との共育
講師
末富 喜昭 (山口日産社長、外部評価委員長)
司会
マルク・レール (大学教育センター主事 経済学部教授)
概要

今回講演会の講師を引き受けた経緯は、昨年秋 大学と地元経済界との交流会で 塚原前副学長と数分立ち話の後、社会人の視点で大学にアドバイスをしてほしいという依頼を受けたことに始まります。この話の中で、11年前に息子の進学の際に山口大学の経済学部に進むかどうかを考える際に他校とのシラバスを経営者視点で分析した結果、息子を他大学に進学させたことや、二人の息子とテーマをもって親子で就職活動を行い有効であったことなどについて塚原先生にお話ししたら大変興味を持たれ、ぜひ、山口大学の教育・研究について学外からの意見を述べて欲しいとの依頼を受けました。

私は、社会人生活40年の体験と社会を広く観察し続けた結果から、社会人基礎力を独自の3つのセンス《情報センス・時間のセンス・人生のセンス》で分類するとともに、人材育成の基本として、《感性の育成》を中心にして経営を行なっています。21世紀の社会や各分野の課題とも関連性が強い《発見し・はぐくみ・かたちにする》という山口大学の教育理念・目的を達成するために、今後はカリキュラムの進化を図っていくべきであるという視点から今回はお話しをすることができればと考えています。

(講師略歴)

  • 末富 喜昭 (昭和23年生まれ 61歳)
    • 山口日産自動車株式会社社長(3代目)
    • 山口大学 経済学部 OB 3代目
昭和46(1971)年
山口大学経済学部卒業、祖父、父とともに親子3代で山口大学経済学部のOB。
昭和46(1971)年(22歳)
日産自動車株 入社
昭和53(1978)年(30歳)
山口日産自動車株 入社
昭和62(1987)年(39歳)
山口日産自動車 社長就任
平成14(2002)年〜平成16(2004)年
日産カルロス・ゴーンCEO政策懇談メンバー

(山口日産自動車の歴史と概要)

昭和04(1929)年
世界大恐慌時に山口自動車商会創業
昭和62(1987)年
末富 喜昭 社長 山口日産自動車社長就任(就任時はブラックマンデー最中)
平成元(1989)年
創業60周年 経営改革を実施
平成03(1991)年
お客様満足度評価 日産販売会社No1
平成14(2002)年〜平成18(2006)年
5年連続 日産販売会社総合経営表彰受賞
平成15(2003)年〜平成17(2005)年
3年連続 グローバルCS表彰受賞
平成18(2006)年〜平成20(2008)年
ネットワーク改革、防長日産自動車買収
平成21(2009)年
創業80周年、関連会社6社、(取り扱い車種)日産、ポルシェ、アウディー、ジャガー、ルノー

第2部 パネルディスカッション

テーマ
目標達成型は教育改善に有効か? −取組と評価−
パネリスト
末富 喜昭 (山口日産社長、外部評価委員長)
岩部 浩三 (大学教育センター長)
兼石 俊明 (山口大学 大学教育センター教育所属 教育コーディネータ、元山口県立宇部高等学校校長)
司会
小川 勤 (大学教育センター教授)
内容

平成20年度に文部科学省が実施した「質の高い大学教育改革プログラム(以下、教育GP)」に本学の大学教育センターが申請した「目標達成型大学教育改善プログラム」が採択された。約1年間にわたる本取組の概要と成果を発表するとともに、パネリストたちに、それぞれの立場(企業、高校、大学)からこの取組に対する評価と課題について論じてもらう。また、パネルディスカッションに参加した教職員たちとの意見交換や質疑応答も併せて実施する。

スケジュール

13:00〜13:30
受付
13:30〜13:40
小嶋副学長 挨拶
13:40〜15:00
基調講演 質疑
15:00〜15:15
休憩 (会場模様替え)
15:15〜16:15
パネルディスカッション
16:15〜16:25
センター長総括
16:25〜16:30
閉会

当日は、「LIVE 山口大学」より会場の様子を学内へストリーミング配信いたします。 ご来場できない方は是非ご利用ください。

マネジメント

  • 小川 勤 (大学教育センター 内線:5085)

参加申込み・問い合わせ先

  • 山口大学学生支援部教育支援課教育企画係
  • 担当: 中新
  • TEL: (083)933-5150
  • E-mail: ga115@yamaguchi-u.ac.jp