平成21年度全学FD研修会実施要項

平成21年05月25日更新

平成21年度の山口大学のFD活動は、中期目標・中期計画に則り、大学教育機構主催のアラカルト方式全学FD研修会の充実を図るとともに、各学部・学科及び授業科目別分科会におけるFD活動を積極的に推進する。

また、平成20年度からは、各学部・研究科が主催して、拡大教授会の場で、教育改善FD研修会を実施したが、21年度もさらにカリキュラム開発を担当する各学科・課程・コースの担当の先生方を対象にFD研修会を開催する予定である。この研修会は、各学部・研究科と大学教育センターが一体になって、GPやカリキュラムマップ、webシラバスといった山口大学の教育改善の内容を再点検するとともに、カリキュラム全体をもう一度見直していただくとともに、今後、一層の教育改善に向けた組織的なFD活動を展開してもらうためのきっかけにするものである。

以下に大学教育機構主催のFD研修会の実施要項を示し、各学部FD委員の協力のもと、できるだけ多くの教員の参加を期待するものである。また、各学部・学科及び分科会のFD活動、研修会についても、その活動計画や実施要項に関して事前に全学に案内する予定である。併せてさまざまな機会を利用して、授業改善に取り組んでいただければ幸いである。

I. FD講演会

1. 目標達成型大学教育改善プログラムと山口大学の教育改革

主催
大学教育機構
共済
大学コンソーシアムやまぐち
日程
平成21年08月10日(月) 13:30〜16:30
場所
対象
本学教育職員ほか及び県内他大学関係者

関連資料

II. FD研修会

1. 共通教育ティーチング・アシスタント(TA)研修会

主催
大学教育機構
日時
平成21年04月02日(木) 13:30〜16:00
場所
共通教育メディア教室、共通教育各教室、工学部E21番教室、医学部第3講義室
対象
共通教育において前期にTAに採用された大学院生及び TA を採用する教員
内容
ティーチング・アシスタント(TA)制度は、「優秀な大学院生に対し、教育的配慮の下に教育補助業務を行わせ、学部教育におけるきめ細かい指導の実現や大学院学生が将来教員・研究者になるためのトレーニングの機会の提供を図るとともに、これに対する手当ての支給により大学院生の処遇の改善の一助とする」ことを目的として実施されている。本学で共通教育のTAに採用されている大学院生は年間200名を超えており、特にその充実が求められている。そこで、研修会を開催し、TAの役割や責任、また、各分科会に分かれて、それぞれの授業におけるTAの仕事の確認と留意点などについて理解を深める。

2. 障害学生に対する修学支援のための研修会

第1回

主催
大学教育機構
日時
平成21年04月02日(木) 17:00〜18:00
場所
共通教育本館棟2F会議室
対象
理学部教員、受講科目担当教員 (共通教育・専門教育)、大学教育センター、担当事務。
内容
発達障害のある学生への修学支援の方法。授業中・授業外における支援方法を学ぶ。

第2回

主催
大学教育機構・理学部 (共催)
日時
未定
場所
未定
対象
理学部教員、大学教育センター、担当事務。
内容
聴覚障害のある学生への修学支援の方法。授業中・授業外における支援方法を学ぶ。

3. 新規採用教育職員研修会

主催
大学教育機構 (人事課と共催)
日時
平成21年07月30日(木) 14:30〜17:00
場所
医学部霜仁会館3F会議室
対象
平成20年8月以降に新規採用された助教以上の教育職員

講義1 山口大学のGPとカリキュラムマップについて

講師
小川 勤 (大学教育センター教授)
内容
本学は教養教育及び専門教育において、それぞれGP(グラジュエーション・ポリシー)を作成した。またGPに対応したカリキュラムマップも作成した。その仕組み、意義等について説明する。さらに、20年度に教育GPに採択された「目標達成型大学教育改善プログラム」についても、その概要を説明する。

講義2 シラバスの作成

講師
木下 真 (大学教育センター准教授)
内容
修学支援システムの説明と山口大学の観点別シラバスの作成方法及びwebシラバスの入力法などについて説明を行なう。

講義3 学生授業評価と教員授業自己評価

講師
吉田 香奈 (大学教育センター准教授)
内容
山口大学の学生授業評価システムと教員授業自己評価システムの内容説明など。

4. 平成21年度第57回中国・四国地区大学教育研究会

日程
平成21年05月30日(土) 09:00〜17:45
平成21年05月31日(日) 09:30〜12:10
場所
山口大学吉田キャンパス (1番教室および共通教育棟を中心に実施)
対象
本学教育職員ほか及び中国・四国地区大学教育研究会関係者

関連資料

5. 理系共通教育科目「地球科学2」の授業展開−参加と思考をうながす授業づくりの方法−

主催
大学教育機構
日程
平成21年09月25日(金) [吉田地区] 13:30〜16:00
場所
理学部 (吉田地区)
対象
希望者
講師
池田 幸夫 (教育学部教授、附属教育実践総合センター長)
内容

私が担当している「地球科学2」は、後期に開講している理系共通教育科目の一つである。平成20年度の受講者数は約70名、そのほとんどは農学部生で、残りは理学部と教育学部生である。地学を学んだことがない学生に対して地学を学ぶ意義や必要性を認識させて、地学に対する興味関心と科学的教養を高めることがこの授業のコンセプトである。

授業のポイントは科学概念を分かりやすく説明することよりも、大人数の講義であっても学生を授業に参加させ頭を使って考えさせる場面を多く作るところにある。この研修会では平成20年度に行った授業実践に基づいて、大学生の平均的な知的レベルに対応した分かりやすいに授業展開とその方法について紹介する。

6. 多人数授業における学生参画学習の工夫−授業手法と評価−

主催
大学教育機構
日程
平成21年08月31日(月) [吉田地区] 13:30〜15:00
場所
共通教育本館棟2F会議室
対象
希望者
講師
林 徳治 (立命館大学教授)
内容
人文社会系の学生を対象とした参画型授業の設計と評価

大学では、共通教育や教養科目において、学部、学力、意欲が異なる多様な学生が100名を超える授業がある。

そこでは、出席確認や学生個々に対応した質疑応答などコミュニケーション活 動が困難となりどうしても伝授型の講義形態になるのが一般であろう。また評価についても、全授業での学習活動を評価する形成的な評価ではなく、レポートや期末試験などの総括的な評価が一般的である。本研修では、多人数でも学生が授業に参画できる授業手法、教材および形成的評価手法を例示し演習して、教員の各専門分野への授業設計や評価面に役立ててもらえれば幸いである。

7. 最近の学生の実態と社会人基礎力の養成

主催
大学教育機構
日程
平成21年08月25(火) [常盤地区] 13:30〜15:30
平成22年03月18(木) [吉田地区] 13:30〜15:30
平成22年03月25(木) [吉田地区] 13:30〜15:30
場所
常盤地区: 工学部D23教室
対象
希望者
講師
小川 勤 (大学教育センター教授)
内容

本研修の前半は青少年の学習観や生活観について、各種の調査結果から分析した結果や他の国との比較を示し、最近の学生の特徴に学ぶ。

後半は、中教審の大学部会から示された「学士力」の意義と設定の背景、また、経済産業省や文部科学省が提唱している「社会人(基礎)力の養成」について、大学教育の中でどのように実践して養成していくのかを他大学の事例も交えて学ぶ。

8. 情報セキュリティ・情報モラルの教え方

主催
大学教育機構
日程
平成21年09月08日(水) [吉田地区] 14:30〜16:30
平成22年03月30日(火) [常盤地区] 14:30〜16:30
場所
常盤地区: 工学部D23教室
対象
希望者
講師
永井 好和 (メディア基盤センター准教授)
市川 哲彦 (メディア基盤センター准教授)
内容
昨年度の実施状況を踏まえ、第3週〜第5週のテーマである、「情報セキュリティ(第3週)」、「情報モラル(第4週)」及び「コンプライアンス(第5週)」を中心に、共通教育「情報セキュリティ・モラル」を指導する上で留意すべき点について、研修を行う。また、DVDを活用した教育方法について学ぶ。

9. 複数教員による効果的な授業実施の方法−共通教育「心理学」における「リレー講義」の実践から

主催
大学教育機構
日程
平成21年08月24日(月) [吉田地区] 13:30〜15:30
場所
共通教育本館棟2F会議室
対象
希望者
講師
小杉 考司 (教育学部専任講師)、他(福田・恒吉・沖林 先生)
内容
オムニバス型授業を実施している、または導入を考えている教員を対象に、効果的な授業展開の方法や評価について、このような授業方法を実施している共通教育「心理学」の授業担当者の研究成果を発表するとともに、研修会参加者との意見交換を実施する。

10. DocuWorksの使い方

主催
大学教育機構
日程
平成21年09月11日(金) [吉田地区] 13:30〜15:30
場所
メディア基盤センター2F情報処理演習室2
対象
希望者
講師
宮崎 陽子 (富士ゼロックス)
内容
DocuWorksの全体的な機能概要と具体的な使用方法について、演習を交えて初心者を対象に研修を実施する。

11. Less is more −効果的なパワーポイント・プレゼンテーションの再考−

主催
大学教育機構
日程
平成21年10月16日(金) [吉田地区] 14:30〜16:00
場所
共通教育本館棟2F会議室
対象
希望者
講師
MARC LOHR (経済学部教授、大学教育センター主事)
内容
パワーポイント・プレゼンテーションに求められる機能を再確認し、メディアのデザイン・レイアウト理論に基づいて、効果的なプレゼンテーションの作成と実施を考える。

12. 各学部・研究科FD推進者のための研修会

主催
大学教育機構
日程
平成21年05月08日(金) [吉田地区] 17:00〜18:00
場所
共通教育本館棟2F第2テレビ会議室、工学部図書館、医学部図書館 (各地区をテレビ会議を利用して実施)
対象
各学部・研究科のFD担当者
司会進行
小川 勤 (大学教育センター教授)
内容

各学部・研究科のFD担当者が集まり、以下の項目について協議するとともに、今後の本学のFD活動のあり方について討議を行なう。

  1. 21年度教育機構主催研修会について
    1. アラカルト研修 ⇒ 新規の研修会を中心に説明する。
    2. 講師派遣型研修会
  2. 教育改善研修会について

    開催趣旨(別添資料参照)、内容(GP、カリキュラムマップ、シラバス、カリキュラム全体の見直しを実施することの明確化)、作業手順(研修会の開催日程や会場のセンターへの報告、研修会の当日の日程等)

    以上のことを説明した後で意見交換

  3. FD予算措置及び配分について
  4. 今後のFD活動について意見交換

13. 学習意欲を高める問題解決型の授業展開 −その方法と展開−

主催
大学教育機構
日程
平成22年03月19日(金) [常盤地区] 13:30〜15:30
場所
常盤地区: 工学部D23教室
対象
希望者
司会進行
兼石 俊明 (大学教育センター コーディネーター)
内容

「先生、(私たちは、)何故『物理』を勉強するんですか。」20数年前、高等学校で教鞭を執っていた頃の、今でも忘れられない場面です。質問にきた生徒は、成績、態度とも非常に優秀な生徒でしたから。今でも、「この質問に対する正しい回答はどうだったんだろう。」と考えることがあります。

これは、高等学校での話ですが、大学教育にも通じるところがあるのではないかと思います。元高等学校教員の体験を交えながら「教育方法の改善」の方途についてお話しし、また、先生方と一緒に考えていきたいと考えています。

III. 学部・学科等のFD活動に大学教育センターから講師を派遣して実施する研修会

この研修会は、学部・学科が主催し計画するFD活動に、大学教育センター等から講師を派遣し、開催する研修会です。研修内容も講師と学部等で協議して決定します。

1. 大学生のメンタルヘルスと関わりのヒント

主催
各学部・研究科
日程
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
今井 佳子 (学生相談所カウンセラー)
内容
未定

第1回 『約900名の学生の悩みを聴いてみえてきたこと ―教職員・友人・家族との関係性の特徴、精神的な病気をもつ学生の現状―』

主催
人文学部・人文科学研究科
日程
平成21年07月31日(金) 10:20〜11:50
平成21年07月31日(金) 15:00〜16:30
平成21年07月31日(金) 10:20〜11:50
場所
人文学部大講義室
対象
人文学部・人文学研究科所属教職員
講師
今井 佳子 (学生相談所カウンセラー)

第2回 大学生のメンタルヘルスとかかわりのヒント

主催
農学部・農学研究科
日程
平成21年07月15日(水) 14:30〜15:00
場所
農学部本館2F会議室
対象
農学部・農学研究科所属教職員
講師
今井 佳子 (学生相談所カウンセラー)

2. 最近の学生の実態と社会人基礎学力の養成方法

主催
各学部・研究科
日程
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
小川 勤 (大学教育センター教授)
内容
「II.FD研修会」の「7. 最近の学生の実態と社会人基礎学力の養成方法」の内容を参照のこと。

3. 情報セキュリティ・情報モラルの教え方

主催
各学部・研究科
日程
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
メディア基盤センター教員
内容
「II.FD研修会」の「8. 情報セキュリティ・情報モラルの教え方<」の内容を参照のこと。

4. DocuWorksの使い方

主催
各学部・研究科
日程
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
富士ゼロックス インストラクター
内容
「II.FD研修会」の「10. DocuWorksの使い方」の内容を参照のこと。

5. 大学教育改善の指針を探る−文部科学省の各種答申を読み解く(仮称)−

主催
各学部・研究科
日程
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
吉田 香奈 (大学教育センター准教授)
内容
未定

6. Less is more −効果的なパワーポイント・プレゼンテーションの再考−

主催
各学部・研究科
日程
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
MARC LOHR (経済学部教授、大学教育センター主事)
内容
パワーポイント・プレゼンテーションに求められる機能を再確認し、メディアのデザイン・レイアウト理論に基づいて、効果的なプレゼンテーションの作成と実施を考える。

第1回

主催
医学部・医学系研究科
日程
平成21年10月28日(水) 15:00〜16:30
場所
医学部総合研究棟1F S1大講義室
対象
医学部部・医学系研究科所属教職員
講師
MARC LOHR (経済学部教授、大学教育センター主事)

IV.その他 (教育機構主催の研修会に関連する研修会)

以下にあげる研修会は各学部・学科と大学教育センターとが共同で、GP、カリキュラムマップ、webシラバスを再点検し、カリキュラム改善を実施するために開催する研修会です。

1. 教育改善FD研修会

主催
各学部・研究科 (協力: 大学教育センター)
内容

昨年度(20年度)は、各学部・研究科と大学教育センターが一体になって、グラジュエーション・ポリシー(以下GP)やカリキュラムマップ(以下CUM)、webシラバスといった山口大学の教育改善のしくみを全教員に理解していただくための同様な研修会を開催したが、本年度は大学の教育改善をさらに定着させ、組織的なFD活動を各部局で推進してもらうために、各学部・学科・コース・課程においてカリキュラム開発を担当している教員を対象に、GP、CUM、webシラバスの見直しや各学部・学科のカリキュラム内容について、大学教育センターと一体になって、教育改善を図っていく研修会を実施する。

具体的には以下のような内容について、この研修会で意見交換を行えたらと考えています。そして必要であればGPやCUM、シラバスの修正を組織的に行なっていただきたいと考えています。

  • 策定してから2年以上経っているが、その間、学科改編や科目改編等に伴って、GPの見直しやCUMの修正が行なわれたか?
  • この2年間ですでに閉講した科目や新規に開設した科目、内容を整理統合した科目等がCUMの中身に反映されているか?
  • 設置している科目間が有機的に連携された系統性のある科目編成が行なわれているか?
  • 科目間で内容の大幅な重複がないか?
  • GPやCUMの内容が所属する学生や院生に周知されているか?また、周知する方法を考えているか?
  • 履修する学生に分かりやすいように、学生の視点からシラバスが必要十分な内容が記載されているか?
  • 同様な系統の教育内容を取り扱っている他の教員のシラバスの内容を見て、自分のシラバスを見直したことがあるか?
  • カリキュラム全体やGP、CUMについて、外部からの評価を受けているか?
  • それぞれの学部・研究科で今後どのようなカリキュラム改善の予定があるのか?

各学部・研究科で開催する日時については、現在検討中ですが、準備の都合もあり、本年度8月以降の開催を考えています。決定しだい以下の開催日時を更新します。

1. 教育学部・教育学研究科・東アジア研究科(教育系)

日程
平成21年11月11日(水) 13:30〜15:30 [吉田地区]
場所
共通教育本館棟2F会議室
対象
学部および研究科においてカリキュラム開発やFD活動を推進している方
講師
兼石俊明(教育コーディネーター)、吉田香奈(大学教育センター専任教員)

2. 農学部・農学研究科・連合獣医研究科、医学系研究科(農学系)

日程
平成21年10月07日(水) 13:30〜15:30 [吉田地区]
平成21年10月07日(水) 13:00〜15:00 [吉田地区]
場所
農学部本館2F会議室
対象
学部および研究科においてカリキュラム開発やFD活動を推進している方
講師
兼石俊明(教育コーディネーター)、吉田香奈(大学教育センター専任教員)

3. 理学部・理工学研究科(理学系)・医学系研究科(理学系)

日程
平成21年10月21日(水) 13:30〜15:30 [吉田地区]
場所
理学部研究実験棟1F第12番講義室
対象
学部および研究科においてカリキュラム開発やFD活動を推進している方
講師
兼石俊明(教育コーディネーター)、吉田香奈(大学教育センター専任教員)

4. 人文学部・人文学研究科・東アジア研究科(人文系)

日程
平成21年09月25日(金) 13:30〜15:30 [吉田地区]
場所
人文学部講義棟2F第4演習室
対象
学部および研究科においてカリキュラム開発やFD活動を推進している方
講師
兼石俊明(教育コーディネーター)、小川勤(大学教育センター専任教員)

5. 技術経営研究科

日程
平成21年09月15日(火) 13:00〜 調整中 [常盤地区]
場所
工学部 D講義棟4F MOTオフィス
対象
学部および研究科においてカリキュラム開発やFD活動を推進している方
講師
小川勤(大学教育センター専任教員)

6. 医学部保健学科・医学系研究科

日程
平成21年08月24日(月) 13:30〜15:40 [小串地区]
場所
保健学科研究棟1F大会議室
対象
学部および研究科においてカリキュラム開発やFD活動を推進している方
講師
兼石俊明(教育コーディネーター)、岩部浩三(大学教育センター長)、小川勤(大学教育センター専任教員)

7. 工学部・理工学研究科(工学系)・医学系研究科(工学系)

日程
平成21年08月21日(金) 13:30〜15:40 [常盤地区]
場所
工学部D23教室
対象
学部および研究科においてカリキュラム開発やFD活動を推進している方
講師
兼石俊明(教育コーディネーター)、岩部浩三(大学教育センター長)、小川勤、岡田耕一(大学教育センター専任教員)

8. 経済学部・経済学研究科・東アジア研究科(経済学系)

日程
平成21年11月04日(水) 13:30〜15:30 [吉田地区]
場所
未定
対象
学部および研究科においてカリキュラム開発やFD活動を推進している方
講師
兼石俊明(教育コーディネーター)、木下真(大学教育センター専任教員)

研修会等の場所や持ち物等の最新情報は、大学教育センターwebページに掲載いたしますので、参加者は事前にチェックしていただきますようお願い致します。