平成23年度全学FD研修会実施要項

平成23年05月25日更新

平成23年度の山口大学のFD活動は、中期目標・中期計画に則り、大学教育機構主催の講師派遣型アラカルト方式全学FD研修会の充実を図るとともに、各学部・学科及び授業科目別分科会におけるFD活動を積極的に推進する。

また、平成23年度は平成20年度から継続して実施してきた学部長、副学部長をはじめ、各学部・研究科の先生方を対象にした「教育改善研修会」を開催する予定である。この研修会は、各学部・研究科と大学教育センターが一体になって、GPやカリキュラム・マップ、カリキュラム・フローチャートといった山口大学の教育改善の内容を再点検するとともに、学生の学習意欲や大学教育における職業意識の向上を目的として導入を目指しているポートフォリオなどについて意見交換を実施するなど、今後一層の教育改善に向けた組織的なFD活動を継続的に実施してもらうためのきっかけにするものである。

以下に大学教育機構主催のFD研修会の実施要項を示し、各学部・研究科のFD委員の協力のもと、できるだけ多くの教員の参加を期待するものである。また、各学部・学科及び分科会のFD活動、研修会についても、その活動計画や実施要項に関して事前に全学に案内する予定である。併せてさまざまな機会を利用して、授業改善に取り組んでいただければ幸いである。

I. 全学FD講演会

1. 目標達成型大学教育改善プログラムと山口大学の教育改革

講演テーマ
「ポートフォリオを活用した統合的修学支援:佐賀大学における取り組み」
講師
滝澤 登 佐賀大学大学院工学系研究科教授 (高等育開発センター教授 兼任)
佐賀大学 大学教育委員会・ポートフォリオ専門委員長
司会
中田 充(大学教育センター主事:教育学部准教授)
主催
大学教育機構 (共催:大学コンソーシアムやまぐち)
日程
平成23年08月10日(水)13:30〜15:00
場所
吉田地区 共通教育メディア教室
小串地区 医学部講義棟C 第3講義室
常盤地区 工学部E棟2F E21遠隔講義室
遠隔講義システムを利用して常盤地区および小串地区でも同時開催します。
また、講演会の様子はストリーミング配信(学内限定)も併せて実施します。
対象
本学の教職員および県内他大学の教職員
内容

佐賀大学では本年度から学習ポートフォリオの導入が始まっている。今回の講演会では、「学修成果自己評価シート」を用いた学生自身による学修・教育目標の達成度評価の手法について説明していただくとともに、学生にどのような意識の変化が起こってきたのか。この評価システムを稼動させるまでの経緯と実際の状況および課題について講演をしていただく予定である。山口大学としても現在取り組まなければならない職業意識の向上や学習目標を明確にした大学教育改善の達成度評価などを考える際には参考になることが多いと考えられる。

関連資料

II. FD研修会

1. 新規採用教育職員研修会

主催
人事課・大学教育機構 共催
対象
平成22年8月2日以降に新規採用された助教以上の教育職員
内容
新任教員を対象として,本学において教育活動や研究活動を実施していく上で必要な知識・情報および研修方法などについて説明し、自らの専門分野と教育者としての知識、技能、態度などに関する本学の教員としての資質の向上を図る。

第1回 スケジュール

日時
平成23年04月04日(月) 15:00〜16:30
場所
事務局1号館2F第1TV会議室
工学部会議棟1F テレビ会議室
医学部本館6F テレビ会議室
15:00〜15:15
学長講話(学長 丸本 卓哉)
15:15〜15:25
研究活動,競争的研究資金獲得について(副学長(学術研究担当) 三池 秀敏)
15:25〜15:35
山口大学の教育と学生支援について(副学長(教育学生担当) 吉田 一成)
15:35〜15:50
山口大学における教育の特徴について(大学教育センター長 岩部 浩三)
15:50〜16:05
授業の実施方法について(教育方法、障害学生支援、TA の使い方試験の公正な実施について等)(大学教育センター准教授 吉田 香奈)
16:05〜16:15
山口大学における授業評価とFD活動(大学教育センター教授 小川 勤)
16:15〜16:30
質疑応答および閉会の挨拶(大学教育センター長 岩部 浩三)

第2回 スケジュール

日時
平成23年09月22日(木) 14:30〜16:30
場所
医学部霜仁会館3F 会議室
14:30〜14:45 (15分)
来年度シラバスの入力について (大学教育センター准教授 木下 真)
14:45〜15:00 (15分)
学生授業評価の閲覧と教員授業自己評価の入力について (大学教育センター准教授 吉田 香奈)
15:00〜15:10 (10分)
休憩
15:10〜15:20 (10分)
グループワークの進め方について (大学教育センター教授 小川 勤、大学教育センター准教授 吉田 香奈)
15:20〜16:10 (50分)
グループワーク
16:10〜16:30 (20分)
各グループからの報告
16:30
まとめ (大学教育センター教授 小川 勤)

グループワークでは、6〜8名程度のグループを6〜7程度編成して以下の内容について話し合う予定です。

  • 本学に赴任して授業などの教育活動や研究活動で感じたこと。
  • 本学の学生の様子
  • 現在、困っていること・悩んでいること

2. 共通教育TA・SA研修会(実施済み)

主催
大学教育機構
日時
平成23年04月07日(木)13:00〜15:15
講師
吉田大学教育センター准教授
森本保健管理センター講師
神田共通教育係長
場所
吉田地区 共通教育メディア教室
小串地区 医学部講義棟C 第3講義室
常盤地区 工学部E棟2F E21遠隔講義室
吉田地区 共通教育各教室等
対象
共通教育において前期にTAおよびSAに採用された大学院生、学部生およびTA・SAを採用する教員
内容
TA・SA による授業の補助は、きめ細かな指導の実現のために必要不可欠です。また、TA・SA の経験は学生自身にとってもコミュニケーション力、行動力、計画力、責任感、情況把握力など社会人として望まれる基本的な資質を身につける絶好のトレーニングの場となっています。経済的支援を得られることもメリットです。そこで、本研修会ではTA・SA の役割や責任、知っておきたい基本的知識について学んでいきます。

第1部

13:00〜13:20
山口大学の共通教育の特徴とTA・SAへの期待 (大学教育センター長 岩部 浩三)
13:20〜13:50
TA・SAの職務内容と注意点 (大学教育センター 吉田 香奈)
13:50〜14:00
出席確認システムの使い方(大学教育センター 岡田耕一)
14:00〜14:30
大学の授業における安全衛生(全学労働安全衛生管理室主任・保健管理センター 森本宏志)
14:30〜14:40
TA・SA の諸手続について(教育支援課共通教育係)

第2部 個別研修 14:45〜15:15

各会場に移動し、グループ別に研修を実施。TA 経験者による体験談の紹介、機器使用方法など。

※小串・常盤地区での開催はありません

3. 障害学生に対する修学支援のための研修会(一部実施済み)

第1回

主催
大学教育機構
日時
平成23年04月19日(火)15:00〜16:00
場所
理学部小会議室
対象
障害学生が所属する学部教職員、大学教育センター、学生相談所カウンセラー、共通教育係、保護者。
内容
発達障害のある学生への修学支援のの把握と修学支援の方法および授業中・授業外における支援方法を学ぶ。

※ 第2回以降はニーズに対応して随時開催予定

4. 各学部・研究科FD担当者研修会(実施済み)

各学部・研究科がFD計画を策定する際に、教育機構主催の研修会(講演会、派遣型アラカルト研修会、教育改善研修会など)を組み込む際に、それぞれの研修内容やFD活動経費の予算要求方法について理解を深めるための研修会。

主催
大学教育機構
日時
平成23年05月11日(水)17:40〜18:40
場所
吉田地区 共通教育メディア教室
小串地区 医学部講義棟C 第3講義室
常盤地区 工学部E棟2F E21遠隔講義室
対象
各学部・研究科FD担当教員
講師
岩部浩三(大学教育センター長)、小川勤(大学教育センター教授)、今津武(経済学部教授)、吉田香奈(大学教育センター准教授)
内容
  1. 本年度の教育機構主催研修会の方針について
    岩部浩三大学教育センター長(10分)
  2. 本年度の教育機構主催研修会の特徴と各学部・研究科のFD計画の立て方について
    小川勤大学教育センター教授、今津武経済学部教授 (15分)
  3. 「授業実践に役立つヒント集」の改訂について
    (次項「大学における授業改善ヒント集」改訂に関わる研修会)
    吉田香奈大学教育センター准教授(10分)
  4. FD経費の予算要求について
    岩部浩三大学教育センター長(10分)
  5. 意見交換(15分)

5. 「大学における授業改善ヒント集」改訂に関わる研修会

今年度、FD ハンドブックの改訂版を制作する運びとなりました。本ハンドブックは2005年5月に山口大学FDハンドブック第3部制作ワーキング・グループによって制作されました。このような事例集は授業改善のノウハウを学内で共有できるため大変有効であり、現在多くの大学で取り組みが行われています。

本学では、2005 年のハンドブック刊行と前後してほとんどの学部で授業のピアレビュー・事後研究会が始まり、授業改善が大きく前進しています。また、受講生からの評判が非常に高いものの教員間ではあまり知られていない授業もまだ数多く存在すると思われます。そこで、各学部・研究科FD 担当者の先生方のご協力を得て、これらの事例を『大学における授業改善ヒント集』(改訂版)に掲載し、山口大学全体の授業改善に役立てたいと思います。

主催
大学教育機構
日程
II.4. 各学部・研究科FD担当者研修会内にて実施
場所
II.4. 各学部・研究科FD担当者研修会内にて実施
対象、制作
山口大学FDハンドブック第4部制作ワーキング・グループ (学部・研究科FD担当者)
執筆要領
A4版。授業の基本編と各教員の取り組みをまとめた実践編の2部構成とする。 実践編は一事例につき1−4ページ程度とする。構成は以下の目次・作成例を参照。40字×45行で作成。
執筆者
各学部・研究科より選出された教員および大学教育センターが推薦する教員
テーマ・執筆者の提出期限
各学部・研究科において「第2章 実践編」への掲載事例を4〜10件程度選定し、6月末までに教育支援課教育企画係(ga115@yamaguchi-u.ac.jp, 内線5150)までお知らせください。
本件に関する問い合わせ先
大学教育センター吉田 (ykana@yamaguchi-u.ac.jp, 内5067)
原稿締め切り
2011年12月末
発行
2012年3月

※2回目以降は随時開催予定

「大学における授業改善ヒント集」勉強会

主催
大学教育機構
日程
平成23年10月21日(金) 13:00〜14:00
場所
共通教育本館棟2F会議室

「大学における授業改善ヒント集」勉強会

主催
大学教育機構
日程
平成23年10月28日(金) 13:00〜13:30
場所
工学部本館1F第1セミナー室

「大学における授業改善ヒント集」勉強会

主催
大学教育機構
日程
平成23年10月31日(月) 13:30〜14:00
場所
医学部本館6F第2会議室

III. 学部・学科等のFD活動に大学教育センターから講師を派遣して実施する研修会

この研修会は、学部・学科が主催し、計画するFD活動に、学内および大学教育センター等から講師を派遣し開催する研修会です。研修内容も講師と学部・研究科で協議して決定します。

1. 大学生のメンタルヘルス入門 〜新型うつ病?社交不安障害?〜

主催
各学部・研究科
日程・開催場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
今井 佳子 カウンセラー(学生相談所、臨床心理士)
内容
「うつ病」のCMがTVで放映されるなど、精神的な病気の存在が広く知られるようになってきました。大学の授業に参加できない学生が「私はうつ病ではないでしょうか」と病名を口にすることも多くなってきました。しかし、病状を詳しく聴いてみると、従来のうつ病の特徴とは異なる場合があります。研修会では、最近よく耳にする「新型うつ病」や「社交不安障害」の症状と対応について臨床心理士の立場からお話しするつもりです。

理学部FD研修会

主催
理学部
日程
平成23年08月31日(水) 15:00〜16:00
場所
人文・理学部管理棟4F大会議室

経済学部FD研修会

主催
経済学部
日程
平成23年11月30日(水) 13:00〜14:55
場所
経済学部B棟2階B201講義室

2. PBL型授業の進め方 〜課題解決型学習の展開方法〜

主催
各学部・研究科
日程・開催場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
川崎 勝 (医学部医学教育センター副センター長)
吉田 香奈 (大学教育センター准教授)
内容
PBL(Problem/Project-Based Learning)とは、学生が主体となって能動的に学ぶアクティブ・ラーニングの一形態であり、実社会で問題となる課題をグループに与え、他者と協働しながら解決策を検討することにより問題解決力やコミュニケーション力などを身につけていく学習方法です。欧米の医学教育の分野で導入されたのが始まりですが、現在は医学教育以外の分野でも幅広く取り入れられるようになっています。山口大学では医学部医学科が2002 年度より「展開医学系テュートリアル」においてPBL 型授業を実施しています。これは、シナリオに表現された患者(paper patient)の事例をもとにグループ討論を行い、自学自習とディスカッションを繰り返しながら仮説検証を進め、最後にグループ発表を行うものです。そこで、本研修では、PBL 型授業の設計方法、シナリオの作成方法、グループ討論による問題抽出の方法、チューター教員の役割、成績評価の方法などについて学びます。また実際にシナリオを作るワークショップを実施します。

医学部FD研修会

主催
医学部
日程
平成23年08月01日(月) 17:00〜18:30
場所
医学部総合研究棟3F S3講義室

3. 成績評価方法入門 〜ルーブリック評価を用いた成績評価の推進〜

主催
各学部・研究科
日程・開催場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
小川 勤(大学教育センター教授)
内容
現在、各教員に対して厳格な成績評価を実施することが学内外から求められています。従来から学生は教員の成績評価に対して大きな不満を抱えています。さらに、最近、クラス間の成績評価差異の解消が全学的な課題となっています。そこで本研修会では、成績評価を行う際に知っておかなければならない基本的な知識(評価の観点、規準、基準など)や情意的領域の目標や向上目標の評価に有効であるといわれる「ルーブリック評価」を取り上げ、具体的にどのように評価を実施していくのかを事例を交えながら解説します。また、クラス間の成績評価差異の解消のために、成績分布共有システムを活用した組織的な教育改善の方法についても解説します。

理学部FD研修会

主催
理学部
日程
平成23年08月22日(水) 15:00〜16:00
場所
人文・理学部管理棟4F大会議室

医学部保健学科FD研修会

主催
医学部保健学科
日程
平成24年02月02日(木) 17:00〜18:00
場所
医学部保健学科研究棟1F 会議室

4. キャリア教育入門 〜大学教育とキャリア教育、ポートフォリオ〜

主催
各学部・研究科
日程・開催場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
平尾 元彦 (学生支援センター教授)
内容
大学生の就職活動・企業の採用活動の動向と、大学に求められるキャリア教育のあり方をお話しします。さらに就職支援の現場から、学生たちが何を悩み、どう動いている(動けないでいる)のかをお伝えすることで、山口大学のキャリア教育・就職支援をどうすべきかを考え、行動するきっかけになればと思っています。

理学部FD研修会

主催
理学部
日程
平成23年09月07日(水) 15:00〜16:00
場所
人文・理学部管理棟4F大会議室

農学部FD研修会

主催
農学部
日程
平成23年09月21日(水) 15:00〜16:00
平成23年09月21日(水) 14:30〜15:30
場所
農学部本館2F会議室

5. 複合機を利用した電子ファイリングと教育・研究資料への活用

主催
各学部・研究科
日程・開催場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
松吉 勉、宮崎 陽子 (富士ゼッロクス)
内容

多量の文書や大判(A3版)の文書の電子化に活用して いただきたいのが印刷室に設置してある複合機です。この研修会では複合機スキャナー機能の利用方法や電子文書活用ソフト「DocuWorks」を利用しての電子ファイリングと教材作成などの方法や活用法について紹介します。

* 情報入出力契約により電子文書活用ソフトウエア「DocuWork」は、ライセンス貸与いたします。

6. 授業に役立つデジタルコンテンツの作り方

主催
各学部・研究科
日程・開催場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
岡田 耕一 (大学教育センター専任講師)
内容
授業に役立つデジタルコンテンツの作り方をテーマとして、皆様から日ごろお困りの点等をお寄せいただき、本研修会を通して解決を図って行きたいと思います。お寄せいただいた相談については、事前に個別コンサルティングを行うことで、デジタルコンテンツの作成のサポートを行うと共に、講習会ではそれらの個別案件についての事例紹介を行いたいと思います。テーマから外れたものに関しましても、可能な限り対応いたしますのでお気軽にご相談ください。お寄せいただきました相談の内容によりましては、コンサルティングや事例解決に時間を要することもございますので、準備期間に余裕をいただけますと助かります。

7. 授業に役立つ教員のための情報リテラシー

主催
各学部・研究科
日程・開催場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
木下 真 (大学教育センター准教授)
内容
大人数の授業では、学生への資料配布、出席管理等に多大な労力がかかる場合があります。また、教員が授業の成績管理をパソコンで行う場合、データの管理が不適切であるために情報流出の潜在的なリスクを抱えている場合もあります。これらの問題は各種の学内ICTサービスあるいはソフトウエア等の適切な利用によって解決もしくは低減できますが、ITに不慣れな教員にとってはやや敷居が高い場合もあります。本研修会では、ICTに不慣れな教員を対象として、授業を運営するためにICTを効果的かつ安全に利用する方法について解説します。

8. 山口大学における国際活動へのヒント〜事例紹介を含めて〜

主催
各学部・研究科
日程・開催場所
随時。各学部や研究科と協議して決定する。
対象
各学部・研究科所属教職員
講師
今津 武 経済学部教授(特命)
内容
大学の国際化の必要瀬は各方面で議論され、本学でも『国際社会への貢献』、『国際社会の要請に応えた人材育成』、『国際的な共同研究と研究者交流』等の目標を掲げ、積極的に国際化を図る方針を打ち出しています。各部局でもこうした基本方針を踏まえ、本学にとっての望ましい国際活動を進めることを期待されていますが、多忙な日々の中で新たに何をすべきか、何が出来るのかに悩むことも多いと思われます。この悩みに対応する目的で、国際協力に従事した経験を有する教員を中心に、山口大学の国際協力活動の具体的推進を支援するため、平成19年11月に「国際協力活動推進プラットフォーム」(以下、「プラットフォーム」)が設立され、極力負担を軽減する形で現在の研究、教育活動をベースとした国際活動を目指してきました。このプラットフォームの活動事例を含めて、どのような国際活動が可能なのかについて、それぞれの部局の現状も踏まえた議論ができればと考えています。

経済学部FD研修会

主催
経済学部
日程
平成23年12月21日(水) 16:00〜17:30
場所
経済学部A棟2F第1会議室

医学部保健学科FD研修会

主催
医学部保健学科
日程
平成24年03月05日(月) 16:00〜17:30
場所
医学部保健学科研究棟1F 会議室

IV.教育改善FD研修会

教育改善研修会は各学部・学科と大学教育センターとが共同で、グラジュエーション・ポリシー、カリキュラム・マップ、カリキュラム・フローチャートを再点検するとともに、学生の学習意欲や大学教育における職業意識の向上を目的として導入を目指しているポートフォリオなどについて意見交換を実施するなど、今後一層の教育改善に向けた組織的なFD活動を継続的に実施してもらうためのきっかけにするために開催します。

1. 各学部・研究科FD担当者研修会(実施済み)<再掲>

II. 4. 各学部・研究科FD担当者研修会を参照

2. 各学部・研究科と大学教育センターとの教育改善FD研修会

第1回 人文学部・人文学研究科・東アジア研究科(人文系)

日程
平成23年09月28日(水)[吉田地区] 13:30〜14:00
平成23年09月28日(水)[吉田地区] 13:00〜13:30
場所
人文・理学部管理棟4F大会議室
対象
上記人文学部関係教員
講師
岩部 浩三 (大学教育センター長) 、吉村 誠(学生支援センター長)

第2回 教育学部・教育学研究科・東アジア研究科(教育系)

日程
平成23年07月20日(水)[吉田地区] 17:00〜17:30
場所
教育学部D棟2F 21番教室
対象
上記教育学部関係教員
講師
糸長 雅弘 (大学教育センター主事、教育学部教授) 、中田 充 (大学教育センター主事、教育学部准教授)

第3回 経済学部・経済学研究科・東アジア研究科(経済学系)

日程
平成23年11月16日(水)[吉田地区] 開催時刻調整中
場所
経済学部A棟2F第1会議室
対象
上記経済学部関係教員
講師
岩部 浩三 (大学教育センター長) 、吉村 誠(学生支援センター長)

第4回 理学部・理工学研究科(理学系)・医学系研究科(理学系)

日程
平成23年07月13日(水)[吉田地区] 15:00〜15:30
場所
人文・理学部管理棟4F大会議室
対象
上記理学部関係教員
講師
岩部 浩三 (大学教育センター長) 、吉村 誠(学生支援センター長)

第5回 農学部・農学部研究科・連合獣医研究科、医学系研究科(農学系)

日程
平成23年10月19日(水)[吉田地区] 14:30〜15:00
場所
農学部本館2F会議室
対象
上記農学部関係教員
講師
岩部 浩三 (大学教育センター長) 、吉村 誠(学生支援センター長)

第6回 工学部・理工学研究科(工学系)・医学系研究科(工学系)

日程
平成23年09月07日(月)[常盤地区] 13:00〜13:30
場所
工学部D棟1F AV大講義室(D11)
工学部D棟3F D31教室
対象
上記工学部関係教員
講師
岩部 浩三 (大学教育センター長) 、吉村 誠(学生支援センター長)

第7回 医学部保健学科・医学系研究科

日程
平成23年10月05日(水)[小串地区] 17:00〜17:30
場所
医学部総合研究棟1F S1大講義室
対象
上記医学部保健学科関係教員
講師
岩部 浩三 (大学教育センター長) 、吉村 誠(学生支援センター長)

申込方法

参加希望の方は、以下の要領によりメールで直接お申し込みください。

  1. 参加希望の「研修会タイトル」及び「開催日」
    • 上記一覧に記載のものからご選択ください(複数申込可)
  2. 所属部局名、氏名及び職名

問い合わせ、申し込みは以下の窓口までお願いします。

教育支援課教育企画係
Email: ga115@yamaguchi-u.ac.jp
TEL: 内線5150

※資料準備の都合上、なるべく開催3日前までにお申し込みください。なお、当日参加も可能です。


研修会等の場所や持ち物等の最新情報は、大学教育センターwebページに掲載いたしますので、参加者は事前にご確認くださいますようお願いいたします。