教育情報システム(IYOCAN)
学生授業評価・教員授業自己評価

FAQ

担当時間数として報告する時間数について

出動評価については、元々「何コマ」という形で行っていました。オムニバス形式等では1コマ90分として回数分を配分していただく必要がありますが、一人で担当されている場合は、休講等の細かい数値を反映する必要はありません。デフォルト値の1350分統一で結構です。

総授業時間数の値が実績と食い違っている

修学支援システムのシラバスに記入された週次予定の記入数を基に1コマ90分カウントするよう変更されました。シラバスの週次予定記入数が不正確ですと総授業時間数が実績と異なって算出されます。総授業時間数はあくまで参考値ですので、実績に基づき担当時間数をご報告頂ければ結構です。

修学支援システムの問い合わせ窓口は以下のリンクをご参照ください。

授業の実施回数、休講回数、補講回数の出席確認システム値が実績と食い違っている

出席確認システム側に登録されたデータが不正確ですと、その値が表示されます。あくまで参考値ですので、実際の実績に基づき授業回数、休講回数、補講回数をご記入ください。

出席確認システムの問い合わせ窓口は以下のリンクをご参照ください。

授業回数、休講回数、補講回数の関係

教員授業自己評価の「問22.授業回数」は実際に授業を実施した回数(授業実施回数)を意図しています。「問23.休講回数」、「問24.補講回数」との関係は以下のようになります。

「問22.授業回数」=「予定されていた授業回数」-「問23.休講回数」+「問24.補講回数」

主担当者、授業担当者の情報について

担当者の情報は、修学支援システムを参照しております。従いまして情報の誤りや過不足は、修学支援システムの元データを修正する必要があります。

修学支援システムのデータ修正は以下のように担当しております。

  • 共通教育科目 → 学生支援部 教育支援課 共通教育係
  • 学部教育科目 → 各学部の学務係

問い合わせ窓口は以下のリンクから教員用問い合わせ窓口一覧をご参照ください。

対象となる部局について

以下の表で「独自」となっている部局は各部局の授業評価システムを利用してください。

以下の表で「実施しない」となっている部局は授業評価を実施しておりません。

以下の表で「IYOCAN」となっている部局が本システムの対象となる部局です。対象外の部局につきましても、担当科目は表示されますが、評価入力について「対象外」と表示されます。

部局 学生授業評価 教員授業自己評価
共通教育 IYOCAN IYOCAN
人文学部 IYOCAN IYOCAN
教育学部 IYOCAN IYOCAN
経済学部 IYOCAN IYOCAN
理学部 IYOCAN IYOCAN
医学部 独自 独自
工学部 IYOCAN IYOCAN
農学部 IYOCAN IYOCAN
共同獣医学部 IYOCAN IYOCAN
大学院人文科学研究科(修士課程) 独自 IYOCAN
大学院教育学研究科(修士課程) IYOCAN IYOCAN
大学院経済学研究科(修士課程) IYOCAN IYOCAN
大学院理工学研究科(修士課程) IYOCAN IYOCAN
大学院農学研究科(修士課程) 独自 IYOCAN
大学院医学系研究科(修士課程) IYOCAN IYOCAN
大学院技術経営研究科 IYOCAN IYOCAN
大学院博士後期課程 実施しない 実施しない

関連