トップページFD・SD・TAD > 授業コンサルテーション

授業コンサルテーション

大学教育センターでは新任の助教等で初めて授業を担当する教員や将来、大学等で授業を担当する予定の大学院生等を対象に授業のコンサルティングやビデオ撮影サービス、シラバス作成支援等のサービスを提供する授業コンサルテーションを実施しています。大人数授業での授業方法やアクティブ・ラーニングの具体的な実施方法等を知りたい方や私語をどのように止めさせるか、どのように意欲的に学生に授業に取り組ませるか等で悩んでいる教員等からのをリクエストをお待ちしています。一人だけで悩まずに教育コンサルタントとともに一緒になってより良い授業を作り上げていきましょう。授業コンサルテーションでは以下のようなサービスを提供します。

  1. 授業コンサルティング
    • コンサルタントが、申請があった先生の当該授業の教室に入り、授業に対する学生のコメントを聞き取る(この部分は省略してもよい)。
    • 聞き取りが終了次第、授業を開始
    • 授業終了後に、コンサルタントからコメントの報告を受ける。
  2. ビデオ撮影サービス
    • 授業の風景をビデオで撮影し、希望の記録媒体で申請者に渡す。
    • 希望があれば、学生の受講状態や教室の雰囲気等について、コンサルタントが気づいた点をコメントすることも可能。
  3. シラバス作成支援サービス
    • 新たに授業を担当する際、もしくは教育内容を変更する際、学期期間中の授業をどのようにデザインするかについて、実際のシラバス作成という行為を通しながら、コンサルタントが支援する。
  4. コンサルテーションの流れ
    • 受付→現状診断→分析→情報収集・ご提案→フォローアップ
  5. 申込み