2014 年度より GP に代わって新たに DP を設定します。詳細は以下のページをご覧ください。

グラデュエーション・ポリシー(GP)等

本学において GP という略語には、以下に示す 2 種類の意味が存在します。

本ページでは、Graduation Policy に関する情報を扱います。

Good Practice に関しては「Good Practice」のページを参照してください。

GP、カリキュラム・マップ

カリキュラム・フローチャート

カリキュラム・フローチャート(CFC: Curriculum Flow Chart)は、カリキュラムの年次進行とグラデュエーション・ポリシー(GP: Graduation Policy)の関係を流れ図として示してあります。つまり、どの講義を履修することで、どのGPの達成に繋がるかが一望できるようになっています。

グラデュエーション・ポリシー(GP)とカリキュラム・マップの公開にあたって

山口大学では教育の透明性を高める努力を続けております。養成しようとする人材像を出来る限り具体的に示し、それが実際に効果を上げているかどうかを検証すること。社会の求める人材像との間にミスマッチがないか点検すること。これらは、授業料と税金によって運営される国立大学法人として当然果たすべき説明責任の一部であるからです。

すでに、開講されているすべての授業の内容が「webシラバス」の形で一般公開されていますが、それに加えて、各学部学科別のグラデュエーション・ポリシー(GP)とカリキュラム・マップを公開することになりました。シラバスだけでは、木は見えても森が見えない状態にとどまっていたと言わざるをえず、GP とカリキュラム・マップがそろって初めて、山口大学が全体としてどのような教育を行っているのか、何を目指しているのかが捉えられるようになります。

GP とは、教育の理念目標を具体的で検証可能な形に書き換えたもので、卒業生が備えておくべき資質を述べたものです。養成しようとする人材の属性を網羅したものと言い換えることもできるでしょう。そして、それぞれの GP が、どの授業でどのように達成されるかの関係を一覧表にしたものがカリキュラム・マップです。そこでは、個々の授業が果たすべき役割と授業同士の有機的な結びつきが明示されています。シラバスだけではわかりにくかった大学全体のカリキュラムがこの中で姿を現します。

現時点での GP は、学部・学科から個別に提出されたものであり、別に設定されている教養教育の GP との融合も果たせておらず、完成度としてはまだβバージョンというべき段階にあると言えるでしょう。しかしながら、それが山口大学の教育の現状を映し出しているものであることは確かです。各学部の特徴と個性を尊重しながら、山口大学の卒業生として備えておくべき共通の資質は何かなど、今後学内で協議しながら改善を推進して行かなければなりません。そのためにも、各学部・学科の具体的な教育目標がお互いに見えるようになった意味は大きいと思います。

また、GP とカリキュラム・マップが学外へも公開される意味はさらに大きいと言えます。勉強する場として山口大学を選ぶという視点からも、卒業生を人材として求めるという視点からも、山口大学の教育の全貌がはっきり見通せることが重要です。大学は自立的に教育改善を行うことのできる組織であるべきですが、同時に、外的な視点から直接的な影響を受け入れることのできるシステムを用意しておくことも必要です。すなわち、学外からの意見や批判を受け入れて教育改善に生かすことが具体的なレベルで可能でなければなりません。大学として普遍的に求められる内容、山口大学の個性、学部学科の特徴、そういう切り分けをしつつ、達成目標を定め、それを個々の授業にリンクする。そのような作業と努力が継続的に求められるでしょう。GP は、入学者と社会に対する契約事項ですから、それを果たす義務が山口大学にあります。カリキュラム自体も不変のものではなく、常に改善し続けるものです。それを可能にする枠組みが出来上がりつつあるのです。

関連